ポラロイドをもってお散歩へ!日々に転がる楽しいひとこま+フランスにまつわるコトを拾いあつめた気ままなフォトログです。お気軽にコメントお寄せください。


by tortue_pora7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

終わり。

e0028611_2018687.jpg


[Holga 135BC + 35mm film]

去年の夏からもう半年以上が過ぎました。
このブログを始めたのは、ポラロイドを初めて手にしたことがきっかけでした。
ほんの思いつきで始めたポラロイド生活のおかげで、
それまでのもやもやした気持ちが少しずつ晴れていきました。
それから2年半が過ぎて、新たな節目の時期が訪れようとしています。
これを機に放置したままになっていたこのブログも終止符を打つことにしました。
こうやって書くとなにか意味深な感じがしますね(笑)。
早ければ今年の初夏、遅くても秋には留学で日本を離れることになります。

とはいえ、写真は異国の地でもずっと撮りつづけていきます。
ポラロイド・ユーザーの間ではすでに知られているように、
今年の夏でポラロイドフィルムの生産が終了するというニュースは
かなり衝撃的でしたが、手に入れられる限り、
残りのポラロイド生活を楽しみたいと思っています。
最後にアップしたのは、つい最近手に入れたHolga 135BCの写真です。
ポラロイドが撮れなくなることを考えたとき、
35mmで撮れるHolgaなら面白いのではと購入しました。
まだまだ自分の手の中に入ってくる感覚にはほど遠いですが、
これから少しずつ親しんでいくつもりです。

いままで読んでくださったみなさまありがとうございました。
またいつかお会いしましょう。


[PR]
# by tortue_pora7 | 2008-03-06 20:15 | autres

久しぶりのcoya cafe

e0028611_1755817.jpg


[POLAROID SX-70 + SX-70]

5月からずっと放置していたこのブログ。
それでもときどき訪れてくださっていたみなさんに感謝です。
気がついたらもう8月も半ばになってしまいました。
この間かつてなく忙しい日々を送っていたのですが、
その甲斐もあって(?)ある計画が実現に向かって動きはじめました。

昨日は半年ぶりに大学の同級生の子と再会。
東京に住む彼女のリクエストに応えて逗子&葉山の海辺を散策しました。
真夏の空の下、逗子マリーナでしらす丼を食べ、しばし長いおしゃべり。
その後路線バスをのんびり乗り継ぎながら一色海岸へ向かうも、
インドア派の私たちは海岸行きをあっさり取りやめて、
通りがかったcoya cafeで途中下車。
フレンチトーストとハヤシライスをほおばりながら、
夏は窓が開け放たれて、夕方の少し涼しくなった海の風が心地いい。
スローな空気が流れる、夏のまったりしたひととき。
やっぱりここは素敵なカフェだなぁとあらためて実感。
以前はいなかったような。可愛い猫ちゃんがお店にいました。
じーっと目を覗き込むようにしていたら、突如猫ちゃんが興味を示し、
私の膝に遊びに来てしまった。。ひ〜〜。
嫌いじゃないけど、動物全般触るのは苦手な私。
身動きできず、店員さんに猫を捕獲してもらいました。
ごめんね、猫ちゃん。見るのは好きなんだけどねぇ。
写真がcoya cafeでなくごめんなさい。

[PR]
# by tortue_pora7 | 2007-08-15 18:27 | autres
e0028611_13413548.jpg


[POLAROID SX-70 + SX-70]

GW最終日の今日は朝からあいにくの雨ですね。
そして、フランス大統領選の二回目の投票日でもあります!
他国の選挙ながら、あの厳ついサルコジがやっぱりそのまま走りきってしまうのか、
ロワイヤルさんがもうひと押し票を集められるのか、ちょっとドキドキします。
France24のインターネット放送をいま聞いています。

それはさておき、SX−70が復活しました!
10月のパリ滞在直前に壊れてそのままになっていた
SX-70を連休中についに修理にもって行きました。
ところがいろいろ見てもらったところ、
私の初代ポラロイドカメラ「SX-70 Sonar onestep」はもう寿命だと告げられ・・・。
フィルムが排出されないという問題点は解決したものの、
どうもシャッターボタンがうまく反応したりしなかったりして、
このままだと時間の問題でしょうと言われたのでした。
かなりショックは大きく、しばし呆然としている私を見て、
「お客さんのこのポラロイドを買い取るので、新しいのを買われたら?」
と親切に社長さんが提案してくださいました。
「え〜〜!買うつもりなんてなかったのに・・・お金の問題も・・・」と戸惑いつつも、
結局このままではマニュアル操作のできないOne600を使うしかないので、
もうそれは嫌だと思い、二代目の購入を決意しました。

二代目は、いちばんよく知られているFirst model(1974年製)。
初代はSonar onestepなのでオートフォーカス機能付きでしたが、
わたしは一度もこの機能を使わずマニュアルオンリーだったので、
迷わずFirst modelを選びました。
それにしても、このモデルを将来買うかもしれないと思って、
昔のポラロイド社オリジナルのケースを前に買っておいてよかった。
初代の1978年製より前の機種だけれど、持ち主の使い方が丁寧だったのか
とても綺麗に維持されていてつるつるです^^

またSX−70でいろいろ撮れると思うと楽しみです。
今日は時間があったのに雨で使えないのが残念・・・。


[PR]
# by tortue_pora7 | 2007-05-06 14:10 | autres

パリの書店

e0028611_22394680.jpg


[POLAROID SX-70 + SX-70]

新しい仕事にもだいぶ慣れて生活サイクルがつかめてきました。
それにしても雨の多い春ですよね〜〜〜。。寒い日も多いし。
でも天気はさておき、生き生きとした新緑がどんどん芽吹いて、
我が家のお庭もあっという間に緑や色とりどりのお花に彩られ、
春の訪れを実感する今日この頃です。

さて、写真はまたまたパリ滞在のときのものです。
少し前にアップした映画館のちょうど向かいにある本屋さん。
画面でよく見えるかどうかわかりませんが、
右上にあるフロイトの本の背後でショーウィンドーのガラスに反射して
横断歩道とパリのあちこちにあるおなじみのゴミ袋が写っています。
このフロイトとゴミ袋が偶然ながらオーバーラップしたところが面白い。
またぶらぶらとパリの書店めぐりがしたいです。
でもとりあえずいまはフランス語をがんばろう。


[PR]
# by tortue_pora7 | 2007-04-21 23:03 | voyage

ヴァンヴーの蚤の市

e0028611_1071759.jpg


[POLAROID one600pro + 600film]

もう4月になっちゃいました。
我が家の桜もほぼ満開です。
でも樹齢がもう80歳を越えているというこの桜、
数年前とは比べられないくらい質素な咲きぶり。。
今年も咲いてくれてうれしい一方で、ちょっと寂しい気持ちになります。

それにしても、このブログの趣旨がわからなくなってきました。
とにかく、やっぱり毎日更新するように心がけないとダメですね。
でもポラロイドはデジカメのようにアップするのが楽でないし(ぶつぶつ)。
日常をつづりたいとも思わないしで、宙ぶらりんなブログ。

写真は、去年10月パリ滞在中に訪れたヴァンヴーの蚤の市の様子です。
ボタンがた〜〜〜くさんあって思わず撮りたくなった一枚。
話では聞いていましたが、蚤の市ってほんとうに日本人が多い。

ヴァンヴーにはサン・ジェルマンにあるカフェ「ドゥ・マゴ」正面にある通りから
ヴァンヴーが終点の95番バスに乗ってのんびり向かったのですが、
モンパルナスを越えたあたりから郊外のにおいがどんどん強くなり、
同じパリとは思えないくすんだ風景を目の当たりにしました。
この風景の変わっていくさまを見るのが、パリをバスで移動することの楽しみです。
まさに堀江敏幸の『郊外へ』の世界。
もちろん、ヴァンヴーなんてパリ郊外のほんの入口ですが。。

ちなみに蚤の市での収穫は、それほどでもなく。。
短時間だったし、もっと熱心に見て回る人でないと無理。
でも、ヴァンヴーへ向かう道中や蚤の市の雰囲気が味わえてよかったです。


[PR]
# by tortue_pora7 | 2007-04-01 10:32 | voyage

ソルボンヌ広場



e0028611_14435065.jpg


[POLAROID one600pro + 600film]

ここ数日冷え込んでいますね。
写真はソルボンヌ広場に面した窓から写した秋のパリです。
10月半ばのパリは朝8時頃でもまだ真っ暗だけれど、
窓から広場を見下ろしているとソルボンヌの学生たちが
どんどん登校してきて、広場のベンチに座ったりしているのが見えて、
上から広場を眺めるのって面白いなぁと思いました。
加えて、ちょうど階下にブラッスリーがあって、
ギャルソンがもってきたパフェに目が釘付けになり、
その日の午後すぐに食べに行きました(笑)。
安っぽいかんじのパフェでしたが、それがまた美味しかった。
縦長で小さなソルボンヌ広場は、
ちょうど通りと通りに挟まれているので、
左右から人が入って来ては反対側に消えていく抜け道のような広場で、
眺めていて飽きませんでした。


[PR]
# by tortue_pora7 | 2007-03-17 15:16 | voyage

パリの映画館



e0028611_14235199.jpg

[POLAROID one600pro + 600film]


このブログの滞りようといったらないですね。。
でも、まだ去年のパリ写真があるのでぼちぼちアップする予定です。
この映画館、私は一度も入ったことはないのですが、
新作ではなく少し前の映画だけを上映しているみたいです。
ウォン・カーワァイ特集だとか、そういうたぐいのもの。
次回行ったときはぜひ潜入しようと思っています。

それより、春はもうすぐそこまで来ていますね!
我が家の桜のつぼみも日に日に膨らんできています。
4月からは気持ちも新たに頑張ろう!



[PR]
# by tortue_pora7 | 2007-03-11 14:35 | voyage

ラデュレのタルトタタン




e0028611_132949.jpg


[POLAROID ONE600 + 600film]

もう1月も終わってしまいますね。
この一ヶ月はひたすら考えては書くという日々でした。
頭で考えているだけでは駄目なことはわかりきっているけれど、
実際に書くことで、ほんとにいろんなことが見えてきて、
毎回書くたびにその新鮮さ?を味わっています。

写真は、あんまりよく撮れていませんが、
マドレーヌ広場にある老舗サロン・ド・テ「ラデュレ」のショーウィンドーです。
マカロンでデコレートされたケーキなど、まるでおもちゃのよう。
今回(10月)初めて訪れたのですが、実際にカフェに入ってきました。
本日のお魚料理一品とサラダ、
そしてデザートにタルトタタンをオーダーしました。
お魚もとってもきれいな飾り付けで、美味しかったけれど、
それよりもタルトタタンが印象に残っています。
ま〜〜るい大きな丸ごとのリンゴが登場してまずびっくり!
これは食べるのに夢中で写真を撮り忘れました。。
こちらのデザートは、品よく小作りな感じではなくて、
自然のままの素朴さがあって、なかなか豪快。
ラデュレはマカロンで有名だけれど、お店に行く機会のある人は、
ぜひ、このタルトタタンを食べてみてほしいです。
暖かい生クリームをお好みでかけて頂きます。
隣にいた白髪のおばあちゃんもぺろりと平らげていました。

[PR]
# by tortue_pora7 | 2007-01-31 13:48 | voyage



e0028611_21115568.jpg


[POLAROID One600pro + 600film]

これは去年パリであった絵画展での様子。
東北の風景を描いた絵がメインの展示ですが、
その絵と賢治の世界とのコラボレーションでした。

宮沢賢治のあの有名なフレーズのフランス語訳で、
写真に写っているのは、
日本語では「丈夫ナカラダヲモチ 慾ハナク」から
「小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ」の部分に当たるところ。

このフランス語訳と、右側には「アメニモマケズ」という
カタカナの日本語訳を白い斜幕に貼付けて上から吊る下げました。

小学生のころに読んだ印象が強く残っていますが、
いまあらためてしずかに口ずさんでみると、
思わず自分自身を振り返らずにいられませんでした。

新年明けてお正月に初詣に行って、おみくじを引いたら、、、。
何が出たかはあえて書きません^^
おみくじに左右されるような性格ではありませんが、
新たな1年の始まりに、
この賢治の言葉を心のどこかに置いておこうと思いました。


[PR]
# by tortue_pora7 | 2007-01-09 22:37 | livre



e0028611_15445369.jpg


[POLAROID ONE600PRO + 600film]

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます!
今年の年末年始はほんとうに何もせずのんびり過ごしました。
でもお雑煮やらお節やら食べ過ぎて丸くなったのでマズい。。
写真は前にデジカメでアップしたモン・サン・ミッシェルのポラロイド版です。
また全然違った雰囲気になっていますよね。
水彩画のようなじんわりした色合いで穏やかさが漂っています。
でもついこの間ここに行ったなんて嘘のようだなぁとしみじみ感じてしまいました。
また今年もスローペースながら更新していきますので、
ぜひみなさんこりずに遊びにいらしてください。

[PR]
# by tortue_pora7 | 2007-01-04 15:57 | voyage